美容整形外科で体の悩みを解消|治療でゲットできる美しいボディ

目を大きくする手術とは

美容整形

手術方法と特徴

まぶたが一重になっていると、どうしても目が小さく見えてしまいます。目の大きさは、黒目の部分がどれくらい露出しているかによって決まります。一重まぶたになっている場合は、まぶたの皮膚がしっかりと上に持ち上がらないため、目が小さく見えてしまいます。少しでも目を大きく見せたいのならば、まぶたを二重にする整形手術を受けるのが一番です。二重整形手術には、切開法と埋没法という2種類の方法があります。切開法の場合はまぶたを切って二重のラインを作るため、一重まぶたに戻りにくいというメリットがあります。また、欧米人のように幅の広い二重を作ることもできます。一方、埋没法による手術の場合はメスでまぶたを切ったりしませんので、術後の腫れがほとんど気になりません。また、日本人の骨格に合った自然な印象の目元にすることができます。

埋没法の利用

埋没法による二重整形手術が行われるようになったのは、ここ10年程のことです。それ以前は、切開法による二重整形手術しか行なわれていませんでした。したがって、まぶたを二重にする場合は、必ず皮膚にメスを入れられることになりました。改めて言うまでもないことですが、メスで切られた傷跡が完全に癒えるには結構長い時間がかかります。また、まぶたがかなり腫れます。そのため、術後しばらくの間は、仕事や学校を休まざるをえませんでした。少なくとも抜糸が済むまでの間は外出を控える必要があるため、手術を受けたくても受けることができない人がたくさんいました。しかし、埋没法の場合は、手術を受けた翌日から普通に外出することができます。そのため、今後は埋没法で二重まぶたにする人が増えるだろうと予想されています。