幼児教室を決定する前に体験【相性をチェックしよう】

先生と生徒

英語は将来的に必要になる

幼児教育としての英語は人気がありますが、実際、幼少期なら日本人が苦手とする英語の発音をネイティブのように身につけやすいといわれています。英語は、国際語といえるほど世界で通用する国々も多く、現代のインターネットによる情報社会でも日常的に使われる言語になっています。将来、生活や仕事をする上でも必要性は高いといえるでしょう。

幼児教室で行っている学習内容

幼児教室では、年齢やカリキュラムによって様々な学習が行われています。知育玩具や教材などを使用したり、遊んだり体を動かしたりしながら幼児の発達に応じて言葉や物事の認識などを学んでいきます。例えば、英語になじむために歌を歌ったり、絵本やカード、DVDなどを用いて単語や発音のリズムなどが自然に身につくように指導します。

通うために必要な費用

幼児教室に通うために必要な費用は、おおよそ一年間で6万円から12万円程度といわれています。もちろん幼児教育の種類や内容によって金額は違いますが、基本的にコース別に設定したり、月謝制をとっているところも多く、他に入会費や教材費がかかる場合もあります。更に、教室に通うために交通費などの経費も必要かもしれません。

幼児教室を探す方法

幼児教室を探すには、まず子供にどのような幼児教育を行いたいのか目的を決め、その内容を提供している教室を探します。地域の案内やインターネットなどで情報を調べたり、実際に通ったことのある人の話や口コミなども参考になります。また、○○吉祥寺教室など、大手の幼児教室は全国展開されているので最寄の地区で見つけることも可能です。

幼児教室や幼稚園を選ぶ時に気をつけるポイント

教室や園の内容と方針

幼児教室や幼稚園を選ぶ際には、まずどのような教育を受けさせたいのかを決め、それにふさわしい内容であることが必要です。教育方針とカリキュラムについて知りましょう。

子供に合った環境か体験してみる

多くの幼児教室と幼稚園では、事前に体験教室を行っています。何より実際にその場を体験することで、雰囲気や学習の仕方、子供たちや先生の様子などがよくわかります。相性もあるので是非受けましょう。

交通手段や通うのに便利か

幼稚園や幼児教室に通う場合の交通手段やかかる時間などを確かめておくことです。たまに通う教室はともかく、基本的に週日通う幼稚園は、送迎バスなどがある場合もあります。

かかる費用と経費

いくら理想に近い幼児教室や幼稚園を見つけても、実際に通うためには費用と経費がかかります。また、年間費用や月謝だけでなくイベントや教材費など諸経費についても質問しましょう。

信頼できるところか

広告や案内と実情が違うということがないように、衛生面や安全性など設備が整っているか、カリキュラムや実績などによって講師や先生の質を確かめましょう。口コミ評判なども参考になります。

選定をする前にまずは確認が大事

大事なことは、幼児教室や幼稚園を選定する前に気になることはすべて確認しておくことです。体験授業などを受け、実際の雰囲気を知っておくことはもちろん、通いやすいのか、費用の面や教育方針、環境、評判など納得した上で選びましょう。

幼児教室で感受性を高めよう

[PR]
子供にピッタリな英語教材
人気キャラクターと語学の勉強ができる!

子供を幼児教室に通わす前に知っておきたい疑問

何歳から教室に通わせたらいいのか?

幼児教室は、一般的に脳の発達に伴う早期教育が有効といわれているので、出来るだけ早い時期から通わせるのがいいとされています。しかし、子供に受けさせたい教育や内容と共に、子供の性格もそれぞれ違うので一概に何歳がいいともいえません。3歳までがいいといわれる感性や五感の発達を促すのであれば早めに、受験などの場合は必要に応じた年齢になります。

大規模教室か小規模教室か?

幼児教室で大規模なものは、参加人数も多く社会性や協調性が育ちやすいといわれていますが、ついていけない場合はストレスになることがあるかもしれません。一方の小規模な教室では、少ない人数でじっくり子供に向き合うことが期待されますが、交流が限られた範囲にとどまることも考えられます。いずれにしても、体験教室を受けて内容とともに子供に合うかを知ることです。

幼児教室なら吉祥寺の塾に決まり!

広告募集中